おすすめ女性用育毛剤を成分で比較

MENU

女性用育毛剤は中身で選ぶ

女性用育毛剤を選ぶ時にポイントとなるのは、「配合されている成分で選ぶ」ということです。
女性用育毛剤でよく使われているのが、脱毛の原因となる男性ホルモンを抑制するもの、頭皮の血行を促進するものです。また、頭皮に栄養が補給されたり、頭皮の乾燥を防ぐものも使われます。皮脂を抑制したり、かゆみなどの炎症を鎮める作用のあるものも使われます。

製品ごとに特徴があり、それぞれの成分の配合量も違ってきます。そして、当然ながら配合されているものと、配合されていないものがあります。必ず複数の製品を比較して選びましょう。
フケやかゆみ、抜け毛など、悩み別に選ぶこともできますし、年代別に合う女性用育毛剤を使っても良いでしょう。
いずれの場合も、薄毛の状態を改善したいと切に願って使うものですので、中身をしっかりと把握してから選ぶことが大切です。

女性用育毛剤の具体的な成分とは

女性の薄毛や脱毛などの原因の多くは、男性ホルモンが関係しています。男性ホルモン抑制作用を持つのは、オウゴンエキスやソウハクヒエキス(クワエキス)です。また、冬虫夏草エキスなども使われています。血行促進効果があるのは、センブリエキスやユーカリエキス、ニンジンエキスなどです。頭皮も顔の肌同様に栄養補給が必要なので、アミノ酸や海藻エキスなどが配合されています。保湿剤としては、柚子やみかんなどの柑橘系エキスやアロエエキス、ローズマリーやコラーゲンなどが使われることが多いです。


また、皮脂を抑制するものには海藻系エキスが使われることが多く、かゆみなどの炎症にはグリチルリチン酸2Kやユーカリエキスが使われます。
偏りなく配合バランスの良い製品を使いたいので、購入する前に事前に調べましょう。


<関連情報>
育毛シャンプーの効果や種類の情報はこちら育毛シャンプーの効果や種類が大特集